ラップパックでくすみ肌をワントーンアップ|美肌育成委員会

ラップパックでくすみ肌をワントーンアップ

お肌のくすみの原因はいろいろありますが、大きな原因のひとつに「お肌の潤い不足」があります。
乾燥したお肌は透明感がなくなり色なんとなくくすんでみえてしまいます。
とくに冬場は空気が乾燥してしまったり、血行が悪くなるのでお肌のくすみもいっそう気になりますよね?
そんなときはラップを利用したパックで潤いを補給するとグンと肌色がよくなります。

洗顔後にいつもより肌が白く見えることがありますよね?
あれはお肌が水分で潤って白く見えるんです。

洗顔だけではすぐ潤いがなくなってしまいますが、ラップでスチーム状にお肌に水分を与えることでより保湿力が高まってプルプルになります。

そのままでは水分が逃げてしまうので最後に油分のある乳液やクリームで蓋をするのを忘れずに!

水分を含んだ状態のお肌は美容液も吸いやすくなるので、美容液をつける場合は乳液の前につけましょう。

くすみ解消ラップパックの方法

1、化粧水と水を半分づつ浸したコットンを肌の上に広げます。
(お風呂の中でやる場合はラップパックだけでOK。)

2、コットンの上から顔をおおうように鼻を避けてラップを貼ります

そのまま5分から10分置きます

3、仕上げに保湿クリームを塗って出来上がり☆